バイリンガル、いいこと悪いこと

Posted by wonderegg on 2015年2月23日 in 未分類 | Short Link

幼少時は海外で暮らし、インターナショナルスクールに通っていたため、今でも英語は読み書きは出来るし、日常会話には困らない程度に話せます。いわゆるバイリンガルです。バイリンガルの響きが古臭い上に自慢してるみたいなので、滅多に自分から言ったりはしませんが、そういう者です。
このスキルのおかげでご飯が食べれたり、学校に入学出来たり、窮地から抜け出せたり、随分助けてもらいました。特にキャッチ、セールス、やたら絡んでくる妙な人には有効な方法があります。片言の日本語かペラペラな英語を曖昧な笑顔で、「ごめんなさい、日本語はよくわかりません」と言います。そうすると相手も、これは無理だな、と曖昧な笑顔でどこかへ消えてくれます。でも、最近は国際化というものが進んできたのか、「私も話せますよ!」と乗り出す人もいます。困ります。英語を話せる人が増えるのはいいことですが、この方法が使えなくなるのは残念です。そうじゃないと無視するか(怖い)、その人が諦めてくれるまで歩かないといけないからです。昔は中国に住んでいたので、ほんの少しだけ中国語も話せたのですが、多分英語より中国語を話せる人の方が多いので、この方法も使えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015-2018 鷹狩と美容の両立で全日本一を目指す会 All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.4.1, from BuyNowShop.com.