来年の政党交付金について

Posted by wonderegg on 2015年2月5日 in 未分類 | Short Link

小沢一郎代表の生活の党に山本太郎議員が参加して「生活の党と山本太郎となかまたち」に名前を変えるそうです。

ここまでくると政党というよりは大学生のサークルと勘違いしそうです。まあ名前はいいとしてすごいのは、これでこのへんてこな名前の政党が「国会議員5人以上」という政党要件を満たし、来年の政党交付金としておよそ4億円を受け取ることです。

正直えぇ~と叫びたくなります、4億円です。

これなら何と言われようが数合わせしたくなるのもうなずけます。私だって政治活動に集中するためにはある程度お金も必要だと思います、またこれが違法行為だとも思いません。しかし政治家としてこんなことしていいのと聞いてみたくなります。

その昔小沢一郎氏に期待したこともありました、日本の政治制度を知り尽くしたいわゆる政治屋とよぶのがふさわしい人物で、その制度を利用したお金集めはうまいものの、党内で内紛、分裂を繰り返すだけで、結局政策なんか考えておらず、お山の大将になりたいだけの人物と思い知らされました。

山本氏もテレビに出ていた姿から既成概念にとらわれない新しい提案でもするかと期待したものの、ただの目立ちたがり屋だと証明してくれただけでした。

これではどう考えてもこの4億円ドブに捨てるとしか思えません。次回の選挙では、この二人に有権者の正しい判断が下されることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015-2018 鷹狩と美容の両立で全日本一を目指す会 All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.4.1, from BuyNowShop.com.